経理・決算

営業利益と純利益の違いは?簡単に理解できます。

net income

分からない人

事業主の方:営業利益と純利益って何が違うんだろう?金額の違いがよくわからないなー。

 

こんな疑問に答えます。

 

本記事の内容

・利益の種類

・営業利益と純利益の違い

 

公認会計士・税理士のみつざねが解説します。

 

結論を言ってしまうと、営業利益と純利益の違いは、本業だけのもうけか全てを含めたもうけかの違いです。

 

利益には5段階ある

営業利益と純利益の違いを理解するためには、利益の段階を知る必要があります。

利益には種類があってそれぞれ5段階に分かれています。

1.売上総利益

売上総利益=売上ー売上原価

2.営業利益

営業利益=売上総利益ー販売費及び一般管理費

3.経常利益

経常利益=営業利益+営業外収益ー営業外費用

4.税引前当期純利益

税引前当期純利益=経常利益+特別利益ー特別損失

5.当期純利益

当期純利益=税引前当期純利益ー法人税等

 

営業利益はどんな利益?

この中で営業利益は、一言でいうと、本業での儲けです。

会社の収入は売上です。

売上をあげるために直接的にかかる費用(材料の仕入れなど)は、売上原価として、売上から引いてやると売上総利益がでます。

これはよく粗利と言われるものですね。

そこからさらに、売上をあげるために間接的にかかった費用(水道光熱費や家賃であったり人件費など)である販売費及び一般管理費を引いて残った利益が営業利益です。

なので、営業利益は、売上をあげるために直接的にかかった費用と間接的にかかった費用を引いたものです。

ポイントはどちらも売上に貢献している費用を差し引いているということです。

 

経常利益はどんな利益?

経常利益を簡単に説明しておくと、本業のもうけである営業利益に、営業外収益と営業外費用を合算したものです。

営業外収益は、貸付金から発生する受取利息や有価証券から発生する受取配当金が該当します。

営業外費用は、借入金から生じる支払利息などが該当します。

どちらも営業外とついているだけあって、営業とは直接関係していません。

ただ、毎期経常的に発生するものと理解しておけばいいと思います。

 

純利益はどんな利益?

純利益には、2つあって税引前当期純利益当期純利益にわかれます。

税引前当期純利益は、経常利益に特別利益と特別損失を合算したものです。

特別利益は、固定資産売却益や有価証券売却益などが該当します。

特別損失は、固定資産売却損や災害損失などが該当します。

どちらも毎期経常的に生じる性質のものではなく、臨時的偶発的に発生するものです。

 

当期純利益は、税引前当期純利益から法人税等を差し引いたものです。

法人税等には法人税、住民税及び事業税や法人税等調整額といった税金に関係した費用が該当します。

当期純利益は会社に関係する全ての収入と費用を足し引きした残りとも言えます。

 

営業利益と純利益の違い

営業利益純利益の違いは、営業利益は本業からのもうけだけを表したもので、

純利益は本業だけでなく、それ以外の全ての収入と費用も加味した正味の利益という所が違います。

なので、本業でどの程度もうけているのかを知りたいときは、営業利益を見ますし、会社がそもそも全体でどの程度のもうけを出しているか知りたいときは、純利益を見るといった感じです。

 

まとめ

利益には5段階あって、それぞれの段階で利益の意味は異なります。

営業利益純利益も当然意味は違います。

ただ、中小企業の場合、営業外収益、営業外費用や特別利益、特別損失がでていない会社は多いので、営業利益税引前当期純利益はほぼ同額といった会社は多いと思います。

 

 

 

 

-経理・決算

© 2021 光實会計事務所