経理・決算

合同会社と株式会社の違いは?どっちがいいの?

考える人会社設立を考えている人:合同会社か株式会社を作ろうかなって思うけど、どっちがいいんだろ?ってか何が違うの?

こんな疑問に答えます。

 

 

本記事の内容

・合同会社と株式会社の違い

 

公認会計士・税理士のみつざねが解説します。

結論から言うと、コストを重視するか信用力をとるかによります。

私が実際に合同会社を設立して思ったことも踏まえて解説します。

 

合同会社と株式会社の違い

合同会社と株式会社には細かい違いは色々ありますが、大きく言うと設立コストと信用力です。

1.設立コスト

電子定款で専門家に払う報酬を含めない場合、合同会社で6万円程度、株式会社だと20万円程度で会社の設立ができます。

なので、初期コストを抑えたいなら圧倒的に合同会社の方が安く設立できます。

その他にも合同会社の場合、役員任期がなかったり(重任登記の必要がない)、決算公告の必要がなかったりと設立後に係るランニングコストも抑えることができます。

 

2.信用力

信用力は圧倒的に株式会社の方が高いです。

ビジネスをしていている方なら合同会社を知っている人は多いですが、合同会社だと規模の小さい会社というイメージを持っている方も多いと思います。

肩書も株式会社の場合は代表取締役となりますが、合同会社の場合、代表社員といった肩書になります。

もちろん肩書なので、名刺への乗せ方は「社長」や「代表」などに工夫することはできますが、対外的な会社の信用を大事にしたい場合には、株式会社の方がおすすめです。

 

会社設立の目的を考える

会社の設立は、個人事業主に比べて節税や資金繰り対策の方法が増えます。

なので、個人事業主の事業がある程度軌道にのってきて、そろそろ節税なども検討したいというのが優先されるなら合同会社で問題ありません。

ただ、今後はどんどん事業拡大をしていきたいとか、人の採用も増やしていきたいといった思惑がある場合には株式会社の方が信用力があるため有利になりやすいです。

私自身は合同会社を設立していますが、それは個人事業と法人事業でやりたいことが異なるということと、節税などの目的があったからです。

合同会社を設立して事業を行う上で不利に感じたことは今までありませんが、自分の意識として株式会社の方がかっこよかったかなと思ったりはします。。。

もちろん、合同会社を設立して株式会社へ組織変更することもできるので、今後変えるかもしれません!

 

まとめ

会社を設立しようと思っても、いざやろうとすると、合同会社にするか株式会社を設立するかで迷うかもしれません。

その場合は、自分にとって優先したいことを意識してみるといいと思います。

もし後で後悔しても変更できますしね。

どちらにしてもまずはやってみることをおすすめします。

 

 

-経理・決算

© 2021 光實会計事務所